So-net無料ブログ作成
前の1件 | -

すいませんがブログみんな削除します。 [カズノpub. あれこれ]




すいません、ブログみんな削除します。
いったん。この3.21より前の。

その最近にひと通り読み返していたのですが、さすがにいい記事が多いんですが(てめえで…)、その記事にしても詰めが甘いなあという感じで、こりゃ全面的に直さないといけないなあ、な感じです。

当時の緊張感(なおいっそう切迫感)を感じられるので惜しい気もするんですけれど(おれがね)、やっぱちゃんと直したものを残そう方針で行こうと思います。
(cf.「カズノpub.です。」

『表現てのはこういうもの』はあまりに散漫。言いたいことは分かるものの、もうちょい順序立てて話せよ。

『一銭もつかわず電子書籍をつくる』は情報が少なすぎ。ま、今回の電子出版騒動(まだ出てませんが)で学んだことも多いので、大幅に修正+加筆しないとあれは「記事」になりません。

個別的な記事でも、自信喪失させられます。『コバルト』休刊にかこつけて冴子さん追悼をやった回とか、もっと上手く書きたかった。氷室冴子や『コバルト』を知らない人への紹介にもなってよかったのに、なってない。

香織さんの『落下する夕方』が直木賞からハズレにされたのとか、あれもあれだけだと江國香織が誤解されちゃう。

なにより悔しいのはこれです、当然。『正しい本の読み方』。

実はあれ、手元に資料が一切ない環境で書いたんですよね。
それは本文からも分かりましょうが、だから「草稿」にしか出来なかったという。

本文で取り上げた内容や引用について、資料/原典を読みたい衝動にかられつつ何もできず、すっごく悔しい気持ちで書いてたものでした。

が、

実はその資料たちが(要するにおれの蔵書ですけど)、そのうち手元に帰ってくることになりました。おー。

ずっとひとに預けてあったんですが、ようやく自分ん家(の近所。トランクルーム)に引き取れるようになりました。おおー。

いっしょにレコードやテープやCD、ビデオやDVD、ギターズ、友達からのふるい手紙などちょっと公にはできないまあそういうもの、も帰ってきます。すばらしい!

やつらがいてくれれば百人力だぜ、です。(ひとりじゃ何もできない、ということにもなりましょうか。なりますね。まあいいや。ここにきみがいるならー)。




nice!(0)  コメント(0) 
前の1件 | -